• 120年以上のインターナショナルスクールの

    歴史とともに

    インターナショナルスクールタイムズについて

  • 理念

    Founding philosophy

    インターナショナルスクールタイムズの理念

     インターナショナルスクールの歴史を調べると平和な時代に経済成長とともに校数が増えています。

     そのことからも、インターナショナルスクールの校数は、平和の指数ともいえます。


     また、国際バカロレアを代表とする国際的なカリキュラムを導入している学校が増えることは、多文化理解につながります。

     国際教育は、多大なコストと労力、さらに時間が必要です。

     しかし、将来の平和を願うならば、国際教育の普及は、将来の平和への投資といえます。

     インターナショナルスクールタイムズは、将来の平和を築く人材を育成する教育機関をサポートしていきます。 

     

    インターナショナルスクールタイムズの創立目的

     1.インターナショナルスクール、国際的カリキュラムを導入している学校の情報を掲載します。

     

     2.帰国生徒、外国籍生徒、一般生にインターナショナルスクール、国際的カリキュラムを導入している学校を紹介します。

     

     3.インターナショナルスクール、ナショナルスクールの調査、研究をします。

  • 役割

    インターナショナルスクールタイムズの社会的な役割について

    情報収集&紹介

    専門情報

    インターナショナルスクール、国際的カリキュラム

    導入校の情報収集&紹介

     

    インターナショナルスクールタイムズのメインコンテンツです。

      

    多くの方のご要望により、現在はシーズンプログラムも掲載しています。

      

    掲載情報は、サイトを見た方が実際に活用できるよう心掛けています。

    調査・研究

    調査研究

    日本のインターナショナルスクール、ナショナルスクールの歴史は140年以上。

     

    日本の教育史のなかで大きな功績を残してきました。

      

    しかし、学術論文などの数を見ても、あまり調査、研究されていません。

     

    基礎となるデータが少ないこともあり、教育史のなかであまり研究が進んでいない分野です。

     

    インターナショナルスクールタイムズは、日本の教育史のなかでインターナショナルスクール、ナショナルスクールが果たしてきた役割について、調査、研究をしていきます。

     

    また、研究成果を本サイト上で公開する予定です。

    社会的広報

    啓蒙活動

    インターナショナルスクール、ナショナルスクール文化のより良い発展をサポートしていく活動です。

      

    スクール関係者をはじめ、卒業生の話など、スペシャリストなどの参加を募り、開催していきたいと思います。

     

    運営研究

    運営研究

    調査研究のためにインターナショナルスクールを運営しています。

      

    生徒の成長とインターナショナルスクールのカリキュラムの効果分析、カリキュラム開発を実施していきます。

      

    附属のインターナショナルスクールの調査結果は、学術機関・メディアを通して社会に公表します。

     

     (運営校 セントラルフォレストインターナショナルスクール スポーツ&ミュージック キンダーガーテン 立川校)

     

  • 会社概要

    株式会社インターナショナルスクールタイムズ

    会社概要

    社名 株式会社インターナショナルスクールタイムズ

       (英語表記 The International School Times, Inc.)
       本店所在地 東京都立川市柴崎町6-14-26
       代表取締役 CEO モントゴメリー(加藤)道緒
             

    事業領域

     株式会社インターナショナルスクールタイムズは、国際教育に特化した事業領域で下記の事業を展開します。

    • 国際教育情報サービス
    • 国際幼児教育研究のためのインターナショナルスクールの運営
    • 英語学習支援および英語によるスポーツ教室の運営
    • 国際教育を活用した学童保育

    メディア事業部 
     

     〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-23-6 Baren神宮前 2B (202)

     Web:http://istimes.net

     TEL:03-6427-4249

     

    スクール事業部

     運営校:セントラルフォレストインターナショナルスクール スポーツ&ミュージック キンダガーテン 立川

     〒190-0023
     東京都立川市柴崎町6-14-26
     電話:042-512-8317
     FAX:042-512-8318
     

    加盟団体

     The Tokyo Association of International Preschools 

     (東京インターナショナルプリスクール協会)

     立川商工会議所

     

    届け出

     東京都福祉保健局

     (認可外保育施設)

     

    主要取引先

     Global Step Academy.、東京ウエストインターナショナルスクール、セントラルフォレストインターナショナルスクール、チェルシーFCサッカースクール東京、アオバジャパンインターナショナルスクールなど

     

    金融機関

     三菱東京UFJ銀行 
     多摩信用金庫 
     楽天銀行 

     

    沿革

     2012年4月 インターナショナルスクールタイムズ創刊
     2013年10月 関西学院大学千里国際中等部・高等部と国際バカロレアのセミナーを共催
     2014年1月 アオバジャパンインターナショナルスクール グローバル大学フェア 広報協賛
     2014年4月 進学相談開始
     2014年6月 株式会社インターナショナルスクールタイムズ 創設

            代表取締役に村田学就任。
     2014年7月 セントラルフォレストインターナショナルスクール スポーツ&ミュージック キンダーガーテン立川

          運営開始
     2014年12月 サポート事業部創設 シーズンプログラム開始
     2015年1月 アオバジャパンインターナショナルスクール グローバル大学フェア 協賛
     2015年6月 チェルシーFCサッカースクール東京と提携

     2015年11月 グローバル・ステップ・アカデミーとウィンタースクールで業務提携

     2015年12月 第1回「なぜ今インターナショナルスクールの教育が必要なのか」イベント開催

     2016年1月 第2回「なぜ今インターナショナルスクールの教育が必要なのか」イベント開催

     2016年1月 スクール見学会「コロンビアインターナショナルスクール」を開催

     2016年2月 第3回「なぜ今インターナショナルスクールの教育が必要なのか」イベント開催

     2016年3月 第4回「なぜ今インターナショナルスクールの教育が必要なのか」イベント開催

     2016年9月 オンライン・インターナショナルスクールなどを運営するGlobal Educational Partners Inc. の子会社になる。

     2016年10月 弊社代表取締役とセントラルフォレストインターナショナルスクール立川の理事長にモントゴメリー・道緒が就任

  • なぜ、私たちがインターナショナル幼児園を運営し始めたのか?

    メディアとスクール

    インターナショナルスクールタイムズは、インターナショナルスクールや国際教育に取り組む学校を

    紹介してきました。

     

    そのなかで、自問したのがインターナショナルスクールを外から眺めているだけではないだろうか?ということでした。

     

    取材先の学校関係者が語る認定の苦労や教員採用のむずかしさ、そして何より国際教育への熱意。
    それを本当に記事にできているだろうか?

    取材をはじめて3年目でそう感じていました。

    そのなかで小さなインターナショナルキンダーガーテンの運営の話がありました。
    それまで、中立を保つことで、良い記事が書けると考えていました。

    しかし、実際に国際幼児教育にたずさわることで、見えてくることがあるのではないだろうか?と考えたのです。

    2014年6月に株式会社化し、7月から小さな幼児園の運営を開始しました。

    運営して気付くこと

    実際に運営すると多くのことに気付きました。

     

    そのひとつが、一貫した国際教育のニーズでした。

    卒園児が、インターをはじめ日本の小学校など多様な進路に進むなかで継続的に国際教育を受けられること。

    幼児園で蒔いた種を育てるためには、卒園後の継続的な学習環境の提供が重要と考えました。

    そのため、アフター・サタデー・シーズンスクールで継続的な学習環境を提供しています。

     

    蒔いた種を育てるために幼児教育から蒔いた種を育てるために継続できる環境を整え、ひとりひとりの子どもに合ったプログラムを開発しています。


    そのために、幼児園から進路相談を行い、保護者と一緒にお子様の未来を考えて行くのです。

     

    卒園後をみすえて私たちが幼児園を運営する時にみすえたこと。


    それが、卒園児の小学校から高校まで12年の英語力・探究的学習の向上・維持でした。


    卒園後も、その子とともに歩みたい。

    インターナショナルスクールタイムズがメディアとしてリアルタイムに活動しているからこそ、小学校から高校までの進路に活かしてほしいと思うのです。

    タイムズが運営する幼児園を卒業したお子さんや保護者の方が、その後も最適な進路を探せるようにすること。

    それが今現在、私たちインターナショナルスクールタイムズが考える一貫した国際教育の姿です。

    〒190-0023 東京都立川市柴崎町6-14-26
     TEL: 042-512-8317 
     FAX: 042-512-8318 
     E-MAIL: info@central-forest-tachikawa.com
     

  • セントラルフォレストインターナショナル

    スポーツ&ミュージック キンダーガーテン立川

    東京都立川市柴崎町6-14-26

  • 提携機関

    チェルシーFCサッカースクール東京

    Chelsea FC Soccer School TOKYO(CFCSSTOKYO)は、楽しくて安全な環境で良質なサッカートレーニングを提供しています。

    株式会社Viling STEMON(ステモン)

    STEMON(ステモン)理数ITに強い人に育てるプログラミング&エンジニアリング教室をはじめ学童保育を運営

    ブンネ・ジャパン

    Bunne Japan(ブンネ ジャパン)は福祉先進国スウェーデンで始まった、幼児・児童教育、特別支援教育や高齢者支援の分野で、音楽ケア「ブンネ®メソッド」を普及推進する会社。

    株式会社みらいスクール

    株式会社みらいスクールは、こどもが自分らしさを見つけ、築くきっかけを創ることでその子とその子の周囲の「未来」を明るくする。

    Global Step Academy

    質の高いインターナショナル教育をオンライン上で提供

    ImaginEX(イマジネックス)

    学習・進学・学校生活に繋が「学びのマインドセット」を育む小学生・中学生向けワークショップを開催

    The Unity Project(ユニティ・プロジェクト)

    ダンスを通してネイティブ英語とアメリカ文化を体験!
    横田基地ダンスカンパニーの現ディレクターを務めるアメリカ人講師によるネイティブ英語でのダンスレッスン!

  • 私たちについて

    Who We Are

    モントゴメリー

    道緒

    Michio Montgomery

    代表取締役CEO

    セントラルフォレストインターナショナルスクール立川

    理事長

     

    株式会社The International School Times

    代表取締役

     

    株式会社 GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERS

    代表取締役社長 兼 CEO

     

     日本人とアメリカ人のハーフ。

     

    国内最大の料理教室会社

    ABC Cooking Studio の

    元代表取 締役社長

     

    西町インターナショナルスクール卒業

    (幼稚園から中学校)

     

    アメリカンスクール・イン・ジャパン卒業

    (高校)

     

     バブソン大学

    (米国 マサチューセッツ州)

     

     大学卒業後メリルリンチ日本証券で国内及び海外 M&A 業務に従事。

     

    2012年に国内最大の料理教室会社

    ABC Cooking Studio の代表取締役社長

     

    2014年に NTT Docomo への売却を機に独立

     

    2013年に旧(株)GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSを買収

    代表取締役に就任し、現在に至る。

    村田 学

    Manabu Murata

    Editer in Chief

    編集長

    The International School Times 編集長

     

    セントラルフォレストインターナショナルスクール立川

    理事長代行

     

    1973年 米国カリフォルニア州

    トーランス生まれ

    幼稚園年長まで米国で育つ。

     

    千葉・埼玉・東京の公立小中高を

    卒業

     

    日本大学商学部


     日本の小学校、中学校、高校と公立学校に通いながら、インターナショナルスクールの教育について興味を持つ。

     

    学校事務などを経て、2012年4月にインターナショナルスクール

    タイムズを創刊。

     

    2014年 セントラルフォレストインターナショナル スポーツ&ミュージック キンダーガーテン 立川の

    理事長に就任。

    2016年9月より理事長代行に至る。

     

    【創刊のきっかけ】

    1.小学生の時に、アメリカンスクールのサマーデイキャンプに参加し、今でも印象的な出来事として記憶に残っているため。

     

    2.日本の学校の良さに、インターナショナルスクールの良さをプラスすることができると考えたため。

     

    3.いじめ、学級崩壊など日本の教育問題を解決する上で、インターナショナルスクールの教育は、大きなヒントになると考えたため。

     

    卜部 聡子

    Satoko Urabe (Mamada)

    Columnist

    コラムニスト

    子をもつ母であるとともに、ビジネス開発のエキスパートとしてキャリアを重ねマネジメントに転向。


     グローバル企業の役員などを経て現在に至る。


     企業内リソースとしての人材と

    多く関わり合いをもち、

    「次世代の日本に国際教育は必須」とビジネス現場において

    肌感で確信。


     インターナショナルスクールで

    学ぶ自身の子供を通して、国際バカロレア教育の素晴らしさを実感。

     一方で、真に求める教育と現日本のカリキュラムに大きなギャップがあることも痛感。

     ①幼少からの国際教育

     ②グローバル市場で活躍できる日本人育成

     これらを念頭に、「10年後の日本は、子を持つ親たちが国際教育を障壁なく自由に選べる時代」を願い、The International School Times Inc. のCOOに就任。

     同社の戦略企画を担うとともに教育現場での研鑽を行う。

    藤田 侑平

    Yuhei Hujita

    Columnist

    コラムニスト

    株式会社 ボヌム エデュケーション

    代表取締役 CEO & Founder

     

    福井県北陸高校卒業後

    イギリス バース大学および

    ヨーク大学大学院で哲学修士

     

    イギリスの大学・大学院において哲学を学んできました。
     博士号は海外ではPh.D.(Doctor of Philosophy)と言われるように、哲学とは学問の根幹をなす科目なのです。
     昨今、グローバル人材という言葉をよく耳にしますが、本来、国際競争力のある人間とは、語学力や知識力と同時に思考力のある人間のことをいうのだと思います。
     また、イギリスの日本人学校で現地の日本人児童に国語を教えていた経験から、英語教育のみならず日本語教育の重要性を感じています。

     

    【現在の活動】
     現在、福井県においてコワーキングスペースの運営や個人塾を経営しております。
     また、東京都目黒区にある国際的ネットワークを持った会社で起業家育成のサポートや起業家コミュニティの育成の仕事に携わっております。

    【将来の方向性】将来は、小中高校生が英語で思考力を身につけるための教育サポート、教育システムや教育環境づくりを行っていきたいと考えております。
     近い将来、インターネット上では世界の素晴らしい講師の授業が溢れる時代になるでしょう。
     私たちは、その変化に対応できる教育を目指していかなければならないと思っております。

    韓 夕晶 

    Yushou Kan

    Columnist

    コラムニスト

    現在、アメリカに本拠を置く消費財メーカーの中国支社で研究開発に携わる。

     

    東京生まれ育ち

    私立海城高校卒業後

    東京大学応用生命工学科で修士号取得

    世界を代表するアメリカの消費財メーカーに勤務

     

    世界的な消費財メーカーので多様な職員と接してきた経験と家族と共に北京に転勤し、2人の娘がインターナショナルスクールで学ぶことを通して、国際教育に感銘を受ける。

     

    【Wow! 体験】

     娘が通うインターナショナルスクールの教育を親として体験し、教育方針や授業内容を知る機会〜様々なWow! 体験〜があります。

     その娘の教育を通して得ることが出来た貴重な経験や知見を次世代の子供たちに還元する一助になりたい、という強い情熱を持ち始めました。

     

     特にグローバル化および日進月歩のイノベーションが急速に進む世の中で、将来を担う世界中の子供たちが、早い段階から様々な国の人々、異なる文化に接し、Wow! 体験を培うこと。

     それにより、より幅広い視野と豊かな人間性を備え様々な分野において国際社会に積極的に貢献してゆき、それをまた次の世代に継承していく。

     そのような未来が来ることを切実に願い、この分野で既に活躍しておられる方々との交流する機会を積極的に作って行くなかで、自分自身が貢献できる分野を模索していきたいと思っております。

     

    【将来の方向性】

     現在のところ、国際的なカリキュラムの良いところ取り入れたプログラムをより多くの、そして様々な国の子供たちが一緒になってWow! 体験できる場を提供することができうる活動を念頭に、日々の情報集めと共に未来図の構想を描いている今日この頃です。

  • メディア事業部アクセス

    〒107-0062
     東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山14階
     電話 03-6869-9613
     FAX 03-6893-3931

  • メディア・プレス関係者様

    インターナショナルスクールタイムズでは、各機関と協力しています。

    メディアへの協力

    インターナショナルスクールタイムズでは、インターナショナルスクールの社会的な情報発信に力を入れています。

    各メディア様と協力し、社会に国際教育を広げたいと考えています。

    各スクールへの取材など上記のお問い合わせフォーマットへご連絡ください。

    記事の執筆

    インターナショナルスクールの専門的な記事を執筆しています。

    これまでに大手出版社の記事など寄稿しています。

    記事のご依頼は、上記のお問い合わせフォーマットへご連絡ください。

    インターナショナルスクールの取材について

    インターナショナルスクールタイムズは、インターナショナルスクールの調査・研究のために東京都立川市でセントラルフォレストインターナショナルスクール スポーツ&ミュージック キンダーガーテン 立川を運営しています。
     

    現在のカリキュラムは、英国の探求的プログラムIPCとスポーツと音楽を土台とし、2歳から5歳の幼児の成長を分析しています。

     

    取材は、こちらまでご連絡下さい。

     

    セントラルフォレストインターナショナルスクール スポーツ&ミュージック キンダーガーテン 立川
     〒190-0023 東京都立川市柴崎町6-14-26
     TEL: 042-512-8317 
     FAX: 042-512-8318 
     E-MAIL: info@central-forest-tachikawa.com

  • お問い合わせ

    下記にご記入ください